BLOG
ブログ

wear works

2019.11.18 イタリア出張

本物のムートンコートの破壊力!

こんにちは。

wear works代表の依田トモノリです。


こんな雰囲気のオヤジに憧れる。



 

Enzo Giannetti

 

世界的に有名なビッグメゾンや高級ブランドのレザーウェアを手がけるEnzo Leather Jewels 代表のエンツォジャンネッティ氏、その人です。

 

5月のイタリア出張で実際にお会いしましたが、本当にナイスガイ!

 

一見コワモテですが、自身のレザーコレクションを優しげな笑顔で、身振り手振りをまじえ、熱くユーモアたっぷりに紹介してくれました。笑)

 

また、フィレンツェ郊外の自社工房から1時間くらいかけてサンタマリアノヴェッラ駅まで自家用車で送迎してくれる優しさ。

 

なんだか、ホントに気持ちの良い人物でした。

 

ついエンツォさんの紹介が長くなりましたが、本題は写真のムートンコート!

 

まずは、知っているようで意外に知らないムートンの話から。

 

ムートンは羊の皮を毛と共に利用するもので、皮革製品と毛皮製品の良いとこドリというわけです。

 

ふわふわの毛の部分を内側に、皮部分を外側に、ダブルフェイス加工を施し製品化します。


 

オーストラリア、トルコ、中国、スペイン産の羊が代表的。

 

オーストラリアなどは、羊自体が大きい品種が多く、衣料品のムートンとしては安価ですが革が厚く、ゴワゴワした仕上がりになってしまいます。

 

それに比べてスペイン産の羊はオーストラリアの半分くらいの大きさで薄くしなやか。

 

高級なブランドはスペイン産の羊を使用すると言われていますね。

 

また、ムートンは水分の吸収、放出性に優れ、温度を一定に保つ性質があり蒸れ知らずなんです。

 

羊の毛はコイル状なので圧力を分散する働きもあり、身体に負荷もかかりにくいんですよ。


さらにさらに!


羊の毛には化粧品にも使われるラノリンという成分が含まれ肌にも優しい!


良いことづくめですよね、ムートン。

ファンタスティックです。

 




話は戻りましてエンツォ氏渾身のムートンコート。


「ムートンって重くて着ていると暑いんだよね。」

 

そんなイメージを完全に覆してくれると思います。


なんとこのムートン、wear worksにてサイズ、カラーを自由に選べるパーソナルオーダーでご注文いただけます!





ムートンと言えばこのカラーでしょうか。


王道の深いブラウン!


ブラウンのムートンに黒のタートルネックのニットなんていい感じだろうな〜。

大人だな〜。




上の写真でエンツォ氏が着用していたのがネイビー。


これはシビれますね!


既製品ではほぼお目にかかれません。


バイヤーも買い付けには躊躇するでしょうね〜。笑


ムートンは単価が単価だけになるべく無難なカラーをチョイスしてしまうのが人情。

売れ残るとバイヤーの責任ですからね。。

会社のお金で買い付けている気楽さもあるでしょうが。。


といことで、このカラーはパーソナルオーダーならではでしょう!


ただ、写真を見て頂ければ、決してコーディネートが難しくも、奇をてらったカラーでもないんですよ。


個人的にはめちゃくちゃカッコ良いと思います。




そしてブラック。


ムートンで黒、これはシックですね〜!


クールな雰囲気のムートン、これもアリだ!

以上、ブラウン、ネイビー、ブラックの3色をご用意しました。



やはりこんなオヤジに憧れる!



後ろ姿の枯れ具合がたまりませんね!笑)


こんな後ろ姿を息子にも見せていきたいものです。


レザーウェアは人生で長い付き合いになるアイテム。

プライスや品質に妥協して購入すると必ずや後悔してしまいます。

アパレルを生業として20年、そんな後悔をしているお客様をたくさん見てきました。


シューズもそうですが、レザーアイテムは少し無理するくらいのお金のかけ方が正解になるかなと思っています。

無理し過ぎもダメですけどね!笑)



⭐️オリジナルムートンコート ELJモデル


カラー : ブラウン、ネイビー、ブラック


サイズ : 44~60


プライス : Ask!


納期 : 12月上旬〜中旬


お問い合わせ→https://wearworks.biz/contact/