BLOG
ブログ

wear works

2019.08.19 イタリア出張

ライバルはHERMES!なレザーファクトリー

こんにちは。

wear works代表の依田トモノリです。


夏真っ盛りですね!


そんな中、多少気が引けますが(笑)今回ご紹介するのは「レザーウェア」!


【イタリア出張記】


バレーゼでバッグメーカーと商談した後向かった先はフィレンツェ サンタマリアノヴェッラ駅。

もう何度目でしょうか?笑)


そこからさらに車に揺られること50分!





イタリア屈指のレザーウェア工房に到着しました!


写真に写るのは、名ブランドRUFFOのディレクターを長年務めたエンツォジャンネッティ氏。


彼が手がけるレザーの数々はデザイン性と品質の高さで一世を風靡しましたね〜。

独特なレザー使いなど話題でした。


そんなエンツォ・ジャンネッティ氏が2005年に独立し立ち上げたのが「ENZO LEATHER JEWELS」


超ハイクォリティのレザーウェアを世に送り出しています。


ただ、現在日本で取り扱うショップはあまりなく、私としては「こんなにも良いレザーウェアが日本に浸透していないのはもったいない!」ということでまたもや「1着からのパターンオーダー」を取り付けてもらいました!

無理ばかり言ってスイマセン。。笑)

その分頑張ります!


今回のイタリア出張中、スーツやジャケット、シャツ、バッグ、グローブ、傘etc...合計15個のカテゴリーで「1着、1点から」のパーソナルオーダーを可能にしてきました!


4時起きで1日4件のアポイントなど、我ながらよく頑張りましたよ。。笑)




この日を振り返ってみます。


バレーゼのバッグメーカー、マルチネンギからフィレンツェへ電車移動。




フィレンツェ到着後はエンツォジャンネッティ氏の息子さんが車で迎えにきてくれました。

ホントにありがたいです。




そしてENZO LEATHER JEWELSの工房に到着したわけです。


ただ、残念だったのは帰りの電車の時間もあり、工房に30分しかいられなかったこと。。


3時間以上かけて工房までやってきたのに。。


これにはENZO親子もビックリ!苦笑)


ジャンネッティ氏は「だったらアレも着ろ!コレも着ろ!そうそうソレも着てみてくれ!」と大慌て。

そりゃそうですよね、遥々日本からやって来て滞在時間が30分って!笑)




ジャンネッティ氏曰く「ライバルはHERMESのみ!」と豪語するだけあってレザーウェアはどれもスーパーハイクォリティでした!




背中のシルエットがこんなにも美しいレザーコートを私は今まで着たことがありませんでした。

袖付けがとにかく綺麗で、もちろん着心地も抜群。

素晴らしいです。




レザーシャツ


これ、何が凄いかというと…




抜群のストレッチ性!


超繊細なレザーの質感なのにこのストレッチ。

参りましたよ。笑)

ビヨンビヨン伸びました。




レザーショートブルゾン


絶妙なネイビースエードです。

VALSTAR より上品な感じがしますね。




さっきまでの慌てっぷりは何処へやら。

みんな談笑に入ってしまいました。

この辺がイタリア人の良いところ⁈ですかね。笑)


私はひたすら試着しまくります!




ムートンコート


ムートンコートはENZO LEATHERの真骨頂ですね。




ジップアップレザーブルゾン


これ、あの有名ブランドのタグが付いてました。笑)


おそらく40万円前後するでしょうね〜。

もっとするか。




「ライバルはHERMESのみ」というその言葉に偽りなしのクォリティでした!


そんなエンツォレザーのMTM用(パターンオーダー)のサンプルも日本に届きました!


超ハイクォリティなレザーブルゾンに是非ご期待ください!!





帰り道は社長であるジャンネッティ氏自ら運転してくれフィレンツェ サンタマリアノヴェッラ駅へ。


毎回、イタリアファッション界の重鎮に運転してもらうなんて本当にありがたいことでした。






帰り道の電車内でレザーサンプル帳を見ながらテンション高めでミラノへ向かいます。

たぶんニヤついてたでしょうね、私。笑)


ミラノからバレーゼまでこれまたイタリアファッション界の重鎮フランコ氏に車で送ってもらいます。


そしてもちろんフランコ夫妻とホテルボローニャで食事をご一緒します!笑)


あ〜、今夜がイタリア出張での最後の晩餐。。

仕事はやり切って充実感はありますが、やはりなんだか寂しい気持ちになりますね。。

今日はどんな料理が出てくるかな〜。